クソしかいねー世

クソしかいねー世に愛を叫ぶ

地震時のセックス継続可否判定

地震が起こるたびに、ラブホでバイトしていた時のことを思い出す。

あれは東日本大震災が起こった年のことだった。
震度4以上の地震がバイト先のラブホを揺らした。
壁にヒビが入り、モニターは揺れ、電気は止まり、システムダウンした。
機能を停止したオートロックは、ラブホを完璧な密室にしたのだった。
従業員は被害の大きさを調査した。
外に出ると辺り一帯が停電していた。
すぐに復旧するのかは需要事項だった。
電気が通らなければ、ラブホは密室だ。
電気が通らなければ、ラブホはサウナだ。
 
どうやら復旧までには時間がかかりそうだった。
そのため、フロント(正社員)は客を帰す判断をした。
帰宅を推奨すること、社員が扉を開ける旨を館内放送で流した。
清掃員(バイト)は外から鍵を開け、各部屋に入っていった。
 
このとき、客はどういった行動をとっていただろうか?
ある部屋では、暗闇の中、服を着てソファに座っていた。
ある部屋では、暗闇の中、ベッドで眠りに就いていた。
ある部屋では、暗闇の中、ガウンで抱き合っていた。
ある部屋では、暗闇の中、素っ裸で抱き合っていた。
ある部屋では、暗闇の中、セックスを継続していた。
 
………セックスを継続していた。
 
近代まで、地震といえば生命にかかわる天災だったはずだ。
のうのうとセックスを継続できる神経は何由来なのだろう?
現代日本建築の耐震性に揺るぎない信頼を置いているから?
遠距離恋愛で年に1回しか会えないような2人だったとか?
ダブル不倫のお楽しみ中で、快楽に溺れまくっていたから?
薬をキメていて地震や停電や放送に気づかなかったとか?
 
そのカップルは、「朝までいます」といって帰らなかった。
きっと、何かしらの譲ることのできない理由があったのだろう。
密室の中に閉じこもらなければならない、のっぴきならない理由が。
 
しかし、待ってくれ。
企業として、サービスの提供を中止するから代金は要らない、
申し訳ないけれど帰宅してくれと言っているのにですよ。
朝までセックスするとは何事だろう。
私は、そこに神代以前より続く深い闇を見たのだ。
原始の炎が渦巻き、太古のリズムが鳴動していた。
従業員の言葉は届かず、電気も通らず、姿も見えない。
地震を克服し、経済活動の輪から外れてセックスしている獣だ。
それはまさに21世紀だった。
そこに神はいるか。
そこに神が介在する余地はあっただろうか。
地域一帯が停電するレベルの地震で、
営業活動を停止したラブホテルで、
そんなことに一切構うことなく、
セックスを継続する男女は。
神も仏もぶん殴っているじゃないか。
そんな彼らを追い出すことは出来ない。
 
これはラブホの特性を表している出来事だったのではないか。
これがビジホだったら、大人しく帰宅の途についたのではないかと思う。
(いや、そうであってほしいという私の願望だ。)
だからこそ、僕以外の従業員も強くいって追い出さなかったのだ。
セックスとは何であるかをよく知っているジジババ達だったから。
(これも、そうであってほしいという私の願望だ。)
 
普通に考えて、ラブホで火災が発生した場合には従業員の指示に従うべきだ。
同様に、ラブホで地震が発生した場合には従業員の指示に従うべきだ。
しかし、だからこそ僕は言いたい。
澄ました顔でラブホを利用しているクソだせーお前らではなく。
神や仏をぶっ殺すセックスをしているあなた方に言いたい。
セックスの継続可否は、いつだってあなた方のものなのだ。
火事が起きようが地震が起きようが死が迫っていようが。
それでもセックスするあなた方こそが21世紀なのだ。
 
とはいえ普通に迷惑なので、異常事態発生時には従業員に従った方が良い。